ベッドの種類を理解した選び方

トップページ > ベッド選びの重要要素マットレス

ベッド選びについて

ベッドの種類や大きさ、がわかったら次はどんなベッドを選べば良いのか見ていきましょう。

ベッド選びの基本

ベッド選びの基本として考えたいこと、それは部屋の雰囲気と合わせたベッド選びでもなく、ベッドのカラーでもなく、やはり寝心地を優先して選びたいものです。人は人生の三分の一を眠りに使いますから、やはり自分の好みの寝心地で快適な睡眠をしたいですね。

マットレス

好みのマットレスを選ぶと良いでしょう。このマットレスにはコイルが入っていてそのコイルの構造や種類によっても寝心地はだいぶ違います。

家具屋さんでベッドを選ぶ時でも、理想は実際に横になってみて寝心地を確かめるといいでしょう。この時に気をつけておきたいのが、ベッドに横になるときに靴は脱いでおく事です、基本ですね!

靴を履いたまま寝心地を確かめて、マットレスを汚してしまってそのまま、そのベッドを買い取らなくてはならない何て事になってしまいます。ほしいベッドなら良いのですが、全然自分と合わないベッドなら快適な眠りは、やってきません。

そしてもう一つベッドの寝心地を確かめる時に注意しておきたいのは、ベッドを見ている時に勝手に横にならないで、必ず店員さんに確認を取ってからにしましょう。家具屋さんによっては、座るのは良いですが、横になるのは禁止している所もあります。別に怒られてもお金を出してベッドを買うのは自分たちだから良いじゃない。。と思っていてはダメですよ。しっかりと店のルールを守って、ベッドを見ることで、店員さんも色々とベッドの特徴やどんな人に合うベッドなのかを優しく説明してくれると思いますので、そういう意見も大切にしましょう。

またベッドはマットレスだけでなく、スノコになっていて通気性の良いものや、畳になっているモノもあります。寝るときに布団を敷いて寝ていた人が、急にベッドに変えるとボヨンボヨンして変な感じで眠れない、何て事があると思いますので、そんな人にも畳ベッドはオススメです。

フレーム

またベッド選びで見ておきたいのは、ベッドのフレームです。1年2年くらい使うだけという場合には、安いパイプフレームのベッドでも十分だとは思いますが、長い間使用するとなると安いパイプフレームのベッドだと少々不安になります。寝ているときや少し動いただけでも、ギシギシと音が鳴ってしまって壊れてベッドが落ちてしまうのではないかと不安になる場合もありますですので長く使う場合などには、ベッドフレームの丈夫なモノを選ぶようにすると良いでしょう。

大きさ

そしてベッドの紹介でも少し触れましたが、ベッドの大きさを見ておくことも大事なポイントです。ベッドは、やはり快適に眠りたいですよね。1人用だからとシングルベッドを買っても、その人の体格や身長に合っていなければ、窮屈で安眠とはほど遠いといった事になってしまいます。1人で寝るにしても、ベッドサイズは慎重に選びましょう。人数と体格、身長から考えれば、最適なベッドは自ずと見えてくるはずです。

スペース

ベッドの大きさも大切なポイントですが、家具全般に言える事、ベッドを置くスペースも重要視しておきます。普通のベッドの場合ならベッドのスペースとその周りに人が歩ける程の空間があれば、大丈夫ですが、ベッドには色々な機能を持ったモノがあります。例えば二段ベッドなら、人が登るためのハシゴのスペースを確保しなければなりませんし、万が一、ベッドから落ちた場合にも危なくないように、なるべく周りにモノを置かないようにすると言った工夫もsたいところです。

機能

収納付きのベッドなら、引き出しが出せるくらいのスペースは開けておかないと、せっかくの収納が無駄になってしまい、開けられない収納付きベッドになってしまいます。というかこれではタダのベッドですね。

またベッドで本などを読みたいならライト付きのモノを選んだり、携帯電話や眼鏡をおきたい場合には、ヘッドボード付きのベッドを選ぶと良いでしょう。ベッドの機能は、沢山ありますが、自分が寝るときにあると便利だなと思うのもをいくつかリストアップしておき、それに合わせて機能を見ていけば、自分に入らない機能を省くことができて、実用的なベッドを選べると思います。

2016/7/27 更新

ページトップへ