収納にも役立つ食器棚

トップページ > 食器棚選びのポイント

食器棚

毎日の食事を楽しく華やかに彩ってくれる食器達、そんな食器達が集まる団地のような存在、それが食器棚です。キッチンの中でも家具の中でもベッドやタンスと並んで大型な家具です。大きな面積を使うだけに、この食器棚選びだけでもキッチンの雰囲気を大きく左右します。そんな食器棚選びのポイントについて見ていきましょう。

食器棚選び

食器棚選びのポイントとして、大きなスペースを取るだけに色々なモノが収納できるかと言うところも抑えておきたいポイントです。通販サイトで食器棚を検索していると膨大な数の商品で選ぶことに悩むでしょう。自分がまず持っているキッチンツールの大きさや食器の量、今後の家族が増えるか?なども考慮していくことで条件を絞り、よりベストなモノをみつけましょう!

食器棚に関して言えば、食器棚を置こうと予定しているスペースよりも少し幅などがあっても、電子レンジやオーブントースター、炊飯器などが置ける場所のある食器棚の場合には、今まで入れていた棚などをどかしておくことができる場合もあります。

食器棚という名前ですが、他のキッチン道具なども入れることができるのです。ですので何を食器棚に置けるのかをあらかじめ決めておくと食器棚選びがだいぶ楽になります。この時に電子レンジやオーブントースター、炊飯器等の電化製品のサイズも測っておくと収納部分に入るか入らないかで悩まないで済みます。

そして肝心の食器がどのくらい置けるのかと言う事もしっかりと見ておきましょう。ギリギリ全部入るモノを選ぶより、少し余裕を持たして収納できる食器棚を選ぶと、これから食器を買ったり結婚式の引き出物などで、食器をもらった時にも食器棚に収納することができます。

また食器棚には多くの食器が収納されているワケですから、地震の際にも倒れにくいモノを選ぶようにします。ほとんどの食器棚が倒れにくくできているとは思いますが、しっかりと見ておきます。倒れにくいポイン等は、家具屋さんに行った時に店員さんなどに詳しく説明してもらうといいでしょう。

そして食器棚の扉に使われているガラスも見ておきましょう。地震の時も割れると危ないですが、普段使っているときにガラスが割れてしまっては、どうしようもありませんし、もしもの時に割れにくい側すのおかげで助かった何て事があったりするかもしれませんので、以外に重要なポイントとして上げられると思います。

キッチンは、どうしても道具が多く、動きも激しくなるので引き出しや扉を開いた時に、邪魔にならない程度の大きさかもチェックしておきましょう。扉が開くから大丈夫と思っていても、実際に使ってみると食器棚の扉が邪魔で動きにくくなってしまったと言うことも考えられます。

こういったポイントを抑えながら、キッチン全体の雰囲気やイメージに近いモノを選べば、機能的で見た目もスッキリとした食器棚選びができるのではないかと思います。

注目サイト

チタンの印鑑
http://www.e-insho.com/

2017/3/9 更新

ページトップへ